人とペットの共存生活には知と愛が必須!

ペットケアのプロ向け専門誌「F'sClub」に掲載された
知っておきたいケア&対処法を紹介いたします。

  • トイプードル「長い被毛の犬種は、逆まつげに注意」
  • チワワ「短頭種に多い涙やけに注意!」
  • ミニチュア・ダックスフンド「垂れ耳のワンちゃんは内・外耳炎などの耳のトラブルに注意!」
  • シーズー「夏冬の雑菌性およびアレルギー性皮膚炎に注意!」
ピックアップここまで
記事ここから

ピュアラとマラセチア菌

あるショップさんから以下のようなご質問を頂きましたので回答します。





Q:ピュアサイエンス(ピュアラ及びボディフレッシュナーも同様)を扱ってるひと(ペットショップ)が、マラセチアが繁殖してる犬の身体につけるとマラセチアが増えて悪化するからつけてはいけないって教わったって言ってる人がいるのですがそんなことないですよね?




A:マラセチアは酵母菌で真菌の一種です。そして主に動物性脂肪を餌として、一定の湿度・温度下でしか繁殖しませんから、ピュアラに含まれる成分が増殖剤になることなどは考えられません。


まずはマラセチア感染症に関して基本的な知識を持って頂くよう、下記にペットクリニックドットコム【はぐれ獣医の皮膚研究】さんのログを貼り付けますのでまずコレをご覧下さい。



外耳炎とやっかいなマラセチア [皮膚]

外耳炎の原因の一つマラセチア。マラセチアが繁殖している耳アカや皮膚は、顕微鏡でのぞいてみると『だるま』や『ボーリングのピン』のような特徴的な形をしており、現在では外耳炎を起こしている原因の70~80%は、マラセチアが関与しているといわれています。


★マラセチアってなぁに?★

マラセチアとはカビ(真菌)の一種で、その中でも酵母菌と呼ばれるものに属します。

マ ラセチアは犬や猫の表面の皮膚、耳の中、口の周り、肛門、膣など、正常な皮膚にも普通に存在していて、普段は全く悪さをしません。しかし脂質や湿度のある 場所をとても好み、その適した環境になると栄養分をたくさん取り入れどんどん増殖していきます。また抵抗力の落ちているときにも繁殖しやすく、それにより マラセチアが原因となる外耳炎や皮膚炎などを引き起こしてしまうのです。

マラセチアが繁殖している耳アカや皮膚は、顕微鏡でのぞいてみると『だるま』や『ボーリングのピン』のような特徴的な形をしており、現在では外耳炎を起こしている原因の70~80%は、マラセチアが関与しているといわれています。


★どんな症状を起こすの?★

ではマラセチアが原因の外耳炎になると、どのような症状を起こすのでしょうか? 

マラセチアは前述のようにカビの一種です。人間で例えると、同じ真菌である“水虫”に感染してしまったようなものと言っていいでしょう。水虫はとても痒いといわれています。それと同じようにマラセチアが耳の中で繁殖し悪さをしてしまうと、とても痒がるのが特徴です。

そして耳の中にはこげ茶色~黒色の特徴的なニオイのあるネトッとした耳アカがたまります。もし耳を痒がるような仕草を発見したら、耳の中のニオイや耳アカを調べてみましょう。

ま た掻き続けることにより耳の皮膚を傷つけ、二次的に細菌感染も起こしてしまったり炎症によって耳が赤く腫れあがってしまうこともあります。そうなると、最 初はマラセチアの感染だけで痒かっただけのものが、やがて痛痒くなり、痛くなり…病気が進むにつれて容易に治療をさせてくれなくなるようなこともありま す。


★マラセチアが悪さをする原因は…?★

マラセチア性外 耳炎は、耳の中がジメジメして湿気があるような状態のときに最も起こりやすくなります。例えばシャンプーの際、完全に洗いきれておらず耳の中にシャンプー が残ってしまっていたり水分がきちんと拭き取れていなかったり、また雨の日の散歩や湿気の多い梅雨の時期は要注意です。

さらに耳の垂れている犬や猫の場合はもともと通気性が悪く耳の中が蒸れやすいため、マラセチアの増殖には絶好の場所なのです。

そのほかにも、特に「脂漏症」といわれる、体臭のある脂っぽいベタベタした皮膚を体質として持っている場合は、耳に限らず皮膚に対しても最もこの病気になりやすいといわれています。この体質とマラセチアはとても相関性の高い相性です。


★アレルギーも原因の一つです★

また、もう一つマラセチア性外耳炎になりやすいといわれる体質があります。それはアレルギー体質の場合です。アトピーやアレルギー性皮膚炎を持病として持っている場合の大多数にこのマラセチアが関与しているといわれています。

ア レルギー体質の子はもともと皮膚の抵抗力が弱く、マラセチアも立派なアレルギーの原因となってしまいます。そのため体質に問題がない子に比べて常にマラセ チア性外耳炎を引き起こしやすい状態にあり、外耳炎のみならず皮膚炎に対しても、最近では「マラセチアアレルギー」として注目されています。


★どんな治療で治るの?★

お 話したようにマラセチアはもともと常在菌です。しかしなんらかの原因でマラセチア性外耳炎が起こり耳の中に液体や耳アカが大量にたまると、それを栄養分に してさらに増え続け悪化していきます。よってこの病気を治療するには第一にマラセチアが増殖する環境を改善することが第一です。

まずは耳の中を清潔に保ちましょう。耳の掃除やシャンプーにより洗浄し、耳の中の耳アカをきれいに取り除きます。また洗浄後は耳の中に湿った環境を残さないよう水分を完全にふき取ることが重要です。

そして抗真菌剤の入った点耳薬を入れて、原因となるマラセチアを殺菌し治療します。また、耳の中に毛が生えている子に対しては耳の中の毛を抜いて通気性をよくしましょう。


★特異体質でも上手にコントロール!★

なお、体質として脂漏症やアレルギー性皮膚炎を持っている子に対しては、まずその基礎疾患に対する治療や体質改善が必要になります。

マ ラセチア性外耳炎を治す手助けとしては、脂漏症の子に対しては脱脂作用の強い二硫化セレンの入ったシャンプーや抗真菌剤を使うことで症状を改善させていき ましょう。また、アレルギー体質の子の場合は、内科的に薬で炎症を抑えたりアレルギー用のフードを食べさせることにより皮膚に抵抗力をつけさせ、マラセチ アの増殖を出来る限り抑えます。

そして特異体質に合った根本的な治療と共に通常のマラセチア性外耳炎の治療をおこない、上手にコントロールすることで治していきましょう。


★おわりに★

毎日の生活の中で、ペットの健康状態や目に見える皮膚の病気は飼い主さんにも判りやすく、すぐに気づくことが多いですが、耳の中はわざわざ覗いて見なければわかりません。しかしそこでも他の場所と同じように病気は起こります。

耳を掻くような仕草が見られた場合や、シャンプーの際には耳の中をチェックすることを心がけましょう。そしてもしマラセチア性外耳炎が疑われる場合は、早めに動物病院で診てもらい治療を開始します。

症状の悪化を防ぐのはもちろん、痒くて掻きたいのにそこに手が届かない辛さは人間もペットも同じなのです。

キーワード

プリモ ペットクリニック マラセチア 外耳炎 脂漏症 皮膚 ペット 犬 イヌ 猫 ネコ





スーパーピュアラ、ピュアサイエンス、ピュアラボディフレッシュナーの成分は、ビタミンC・ビタミンE・B6・B12・ポリフェノール、カテキン、フラボノイド、などであり、成分そのものにマラセチア増殖の元となるものなどは何も含まれないのです。



前述の獣医師も書いているようにシャンプー後の水分や体液や耳垢や脂漏症がきっかけになって増殖するものであり、ピュアラの成分で増殖するメカニズムは考えられません。

つまりピュアラ云々では無く、濡れたままがいけないのです。





ちなみに、友人であり特に皮膚科に強い横浜の獣医師にも質問してみたところ、下記の様な回答でした。



『マラセチア感染症に罹った犬にピュアラを使用しても、良くもならなければ悪くもならない』


『何故ならマラセチアの増殖や感染症に全く関連づけられるメカニズムが無い』


『ピュアラはあくまでも日頃のケアスプレーとして清潔にすることと健康保持を目的としたビタミン水である』


『マラセチア感染症になったら専用の抗真菌剤を内服で与えない限り滅する事は出来ない』



という回答でしたのでご参考下さい。










お問い合わせ

ペット関連業者さんから下記のようなお問い合わせがありましたので参考までにコチラにもメモをしておきます。


Q.

2015/11/08 17:03、株式会社C様からののメール:

加来所長様
 
いつも大変お世話になります。
 
現在ペット業界において、マーケットを奪取し続けている商品があります。
この商品について、ご意見をお伺いいたします。
 
商品名:○○水(誹謗と思われると心外ですので製品名は伏せております)
 
成分:次亜塩素酸ナトリウム+高純水(ROイオン変換)
 
従来の次亜塩素系よりはるかに安全との触れ込みで、販売されています。
 
宜しくお願い致します。


A.
これも解釈は簡単です。
従来の塩素水であるならば、滅菌は当然のことながら加えて、接触するとタンパク変性作用(モルタルや合成界面活性剤を触ると表皮が溶解する)などに近い現象で皮膚障害が必ずありました。

当該製品はその点において皮膚接触による障害が限りなく少ないように作られたスグレモノだと推察できますが、根本の次亜塩素酸ナトリウムはかなり強力な滅菌剤であり、雑菌やバクテリア(真正細菌)や表皮常在菌などの「すべて」を滅する力を有します。したがって皮膚に良いかという面を考えると断じて「良い」と表現することは出来ないはずです。

単時的な生体表面滅菌(看護師の手洗いなど)剤としては優秀であることが伺えますが、日常的なスキンケア剤としては有用菌まで滅することは否めないので不向きだと思います。

つまり、ばい菌駆除(害虫駆除も同じ)と日常的な皮膚のケアは全く違うベクトルでやらないと意味を成さないということです。つまり病気に発展するようなケースでは「完全滅菌」は必要であるでしょうが、健康体を維持する場合には不必要ということです。言い換えれば、恒常的な使用においては、お腹が痛くないのに、風邪引いてもいないのに、お薬を飲むような本末転倒な事になりかねないということです。こういう物は使用のTPOが最も大事であり、塩素系剤人気はその辺がペット業界においてはつまびらかになっていないということの代表的な例だと思います。

さらに極例をもって説明いたしますと、飲料水であれば、我々動物には天然自然が生み出した植物ビタミンや鉱物ミネラルが適正に溶け込んだ水がもっとも健康維持に寄与するわけであり、どんなに優秀な塩素剤(滅菌剤)を作り出したとしても塩素剤を混入させた飲用水が体に良いとは絶対にならないということなのです。



我々動物の命の源は良質な水源が作り出しており、その根本を微生物(バクテリア)が司っていることを改めて考えるべきだと思います。







お問い合わせ

ご利用者の方から下記のようなお問い合わせがありましたのでコチラにも転記しておきます。




Q.まとめ買いをしたいので、未開封での消費期限を教えてください。

尿の匂い以外でも消臭効果はあるのでしょうか?
ボトルにも書いてありますが、ペット以外での使用方法を
もう少し詳しく知りたいです。
例えば、白いシャツなどに直接スプレーしても大丈夫ですか?
シミになったりはしないですか?




A.お問い合わせいただきありがとうございます。

◆バイオバニッシュの使用期限に関して
バイオバニッシュは高度に精製された植物エキスですので基本的に腐ることなどはほとんどありません。
また、成分としては光合成菌を増殖させることのみを目的として作られておりますので劣化もかなり遅いとお考え下さい。弊社ラボでのテストでは未開封放置で3年経過したものをテストしたところ十分な能力を発揮しておりますし、開封であっても都度キャップをしていただければ6ヶ月程度は問題なくご使用いただけます。


◆バイオバニッシュの消臭メカニズムに関して

まず、一般市販されている消臭剤には大まかに3種類有ります。
一番多いのは植物エキス+合成界面活性剤+水で作られたタイプ(ファブリーズなど)です。このタイプは植物の天然消臭力を利用したもので空間に飛散した汚染物質の分解をしますから空間消臭には向いていますが、環境に染みこんだ汚染はほとんど分解できません。蒸発乾燥した時点で仕事は終わりです。

次は「なめても安心」とか「消臭後は水に戻る」「確かな除菌力」と謳っている事で見分けが付きますが、塩素系剤です。
こちらは名目どおり除菌剤としては素晴らしい能力を発揮しますし、環境蓄積の消臭力もそれなりに高いタイプです。しかし塩素濃度がおおむね100ppmも有りますので(水道水への塩素添加は5ppm、プール殺菌では2ppmです)、毒性は無いものの環境内や動物の体表に必要な有用菌まで完全滅菌しますのでペットの体への日常的使用には配慮が必要です。


そして最後がバクテリアを利用した消臭剤です。
かなり微生物学の知識が必要な製品ですので非常に銘柄は少なく、弊社のバイオバニッシュ以外ではサンメイト社のバクテリンしかありません。バクテリンは乳酸菌であるEM菌群を利用した製品で環境負荷も無く、環境用消臭剤として私も認めるところの非常に優秀な製品です。


さてお尋ねのバイオバニッシュですが、こちらは乳酸菌群では無く、シアノバクテリア(人畜無害)等の「酸素発生型光合成菌」を利用したものです。分かりやすく言えば、30億年前から地球上に存在し、毒性の水を有用な水に換えたり毒ガスを空気に換えたりして我々動物が生きていける環境を作り上げてきたバクテリアたちです。これが居るので地球は命に満ちているのです。

我々動物は生きているだけで空気(大気)を消費して毒ガスを発生させますが、汚れた空気のほとんどは植物が捕らえて再生産します。これが消臭剤に植物エキスが使われる理由です(石油由来の合成剤不使用が理想的ですが)。
そして生き物は全て糞尿を垂れ流しますし死しては腐って土壌や水源を汚染します。しかし地球が何億年も健康なのはこれら汚染のほぼ全てを光合成菌群が炭酸ガスや水に変換するからこそ森林が生み出す水は植物ビタミンや鉱物ミネラルを含んだ健康なものであり、水生植物や昆虫や魚たちが住める水として成り立っています。

バイオバニッシュはこの自然の力を応用した消臭剤です。
原料は植物のみで作られ、噴霧した場所にシアノバクテリアをはじめとした光合成菌を吸着及び増殖させる仕組みです。
そして光合成菌はほぼ全ての種類の毒物や汚染物質を分解する能力を持っていますので、基本的にはどんな場所へでも使用できます。

ただしバクテリア消臭剤の弱点として空気中の汚染にはあまり強くありませんし即効性も低いのです。

《こちらは弊社ボディフレッシュナー(植物120種ビタミン使用)の方が遙かに優秀で、空中噴霧(あるいは加湿器のようなミスト噴霧器)などで一瞬にして空間悪臭を取り除けます》


つまり、光合成菌が増殖して汚染物質を分解するまでに多少時間を要すると言うことで即効性には乏しいのです。
しかし、だからこそ、ペットのトイレ周りや車のシートなどに染みこんだ汚染(特に動物タンパクや脂肪酸など)の分解に効力が出るのです。
汚染箇所へ直接噴霧すると約7日日間にわたって光合成菌が増殖して汚染物質を炭酸ガスや水に分解し、その間腐敗菌やカビ菌や酵母菌などのいわゆる「匂い菌」を寄せ付けないという、継続性持続性、また予防剤としての機能が特徴なのです。



バイオバニッシュには2機種用意しております。
ひとつはご質問のバイオバニッシュプレミアムですが、こちらは光合成菌の働きをベースに、同時に空間消臭も果たすように数種類のハーブエキスを配合しております。つまり、空間へ飛散した悪臭分解と、環境へ蓄積された汚染分解を2ウエイで果たすように作られた「室内用」なのです。

もう一つはバイオバニッシュTRで、こちらは広範囲への使用を考慮した環境蓄積汚染専用で、コスト面も考慮して高価なハーブはブレンドしておりませんので空間消臭や即効性は低いタイプです。したがいまして原液タイプで水で10倍まで希釈して使用できるようにしておりますが、特に臭いが強い場所へは原液そのままの使用をお勧めしております。

最後に、ご質問中の「白いシャツに・・」ですが、こちらは完全精製されて無色であるボディフレッシュナーをお勧めします。
衣類などに付着した悪臭物質はおおむね繊維の表面だけに付着しておりますので、即効性の高いボディフレッシュナーのほうが効果が得られやすいですし、何より植物ビタミンのみで作られて飲用水適合検査までパスしておりますので傷めたり変色させる心配がありません。



正しくご理解の上適切にご使用いただきたく長文になりましたが、ご参考いただけましたら幸いです。
記事ここまで
関連サイト
ペットケアダイレクト

ペットケアダイレクト

インクスネットワークス
最新コメント
  • ライブドアブログ

PAGE TOP