記事ここから

除菌、殺菌、消毒を考える

Facebookでちょっと参考になる記事を見つけたのでご紹介します。



鈴木 広宣さんが写真3枚を追加しました — 場所: ろか整骨院

【おなじみの消毒剤が生殖能力を落とす?
マウスの実験で子どもが減少、妊娠しづらく】

 「第4級アンモニウム」と言ってもあまり耳慣れないかもしれないが、害の少ない消毒剤として知られており国内でも幅広く使われている。おなじみの消毒剤だ。手洗いに置かれた消毒剤にも当たり前のように入っていたり、洗剤類、シャンプーなどにも入っている。

 害が少ないと考えられているこの消毒剤が生殖能力を下げているかもしれないという結果が出ている。

 米国の生物医学および病理学の分野の研究者グループが、この8月、生殖に関わる有毒性をカバーした専門誌であるリプロダクティブ・トキシコロジー誌で報告している。
主要成分を少量えさに入れて検証
 例えば、塩化ベンザルコニウムとは、第4級アンモニウムの混ざった消毒剤で、手指の消毒から、家庭用品や床の消毒など広く用いられている。

 研究グループは、主要な成分である、「ADBAC」と「DDAC」という物質に注目。 マウスの実験として、ADBACとDDACを含んだ消毒剤を使って消毒をしていると、生殖の能力が落ちてしまうと見いだした。一度消毒をすると、アンモニウムの化合物が数カ月にわたって飼育かごから検出されていた。

 さらに、研究グループは、実際に少量をマウスのえさに混ぜて実験を実施。妊娠と妊娠の間の期間が長くなり、子供の数が減るといった影響が出てくると分かった。さらに出産間近のマウスについては病気になりやすくなり、投与量を増やすと母マウスの死亡につながることも確認した。

 こうした点から、研究グループは、第4級アンモニウムを混合した消毒剤がマウスの生殖の能力を損なう可能性を指摘している。

 マウスの実験のように口にすることはない物質であるが、マウスの飼育かごの消毒に使うと生殖能力が落ちてしまったと見られている。そうした点は看過することはできない。

 一般に無害とされているモノではあるが、使いすぎには注意した方がいいのかもしれない。

 
文献情報 
Melin VE et al.Exposure to common quaternary ammonium disinfectants decreases fertility in mice.j.reprotox.2014.07.071[Available online 14 August 2014]




実は私も、塩化ベンザルコニウム(除菌剤)、安息香酸ナトリウム(防腐剤)、パラベン(防腐剤)、合成界面活性剤(石油由来の洗剤やシャンプー、歯磨き)、安定化二酸化塩素、次亜塩素酸ナトリウム(除菌漂白剤、ペット用消臭剤)など、20年近く前から仕事上の情報収集がきっかけでこられの副作用に懸念と疑念を持ってきました。



現代人(犬猫などのペットも含む)の少子化やセックスレスや男子の女子化、または花粉症やアトピーなど近年異常に増えている免疫疾患はこれらと決して無関係では無いとも思っています。


(注:塩化ベンザルコニウムはペット用のイヤークリーナーや涙焼け除去剤に主成分として多く使われているものです)


そもそも除菌(この場合必要菌も含めた化学剤による皆殺しを指す)が清潔という風潮事態に呆れています。


「自分が寝た布団が菌だらけで大変だ」とか、
「他人が触った吊革にも触れない」とか、


あまりにも異常…。




間違った行き過ぎの清潔思想(化学的除菌)は間違いなく抵抗力を落とし、生体(動物)本来が持つ強さを損ねて不健康への道をひた走る事になります。



よほど汚れていない限り石鹸(この場合動植物由来の脂肪酸ナトリウムである純石けんを指す。まして石油系ハンドソープなど論外)すら必要無く、通常手や顔を洗うのは水だけで充分ですし、布団は時々天日干しすれば良いし、歯磨きは塩もしくは水だけでも充分なのです。



我々動物の生命は菌あればこそ確保できるものであり、「菌=毒、悪」という思想はあまりにも知性に悖るものであり、現代病と言わざるを得ません。



この事に関して、医学の世界でも近代になってようやく本質が理解出来ている始末です。

それは創傷や火傷の治療で分かりやすく見られます。


少し以前までは初期治療の洗い流しはともかく、毎回ガーゼを剥がして殺菌して傷が乾くように粉薬をはたいていましたが、これが大間違いだと分かって来たのです。


我々の体(自然)は実に上手く出来ており、怪我などをすれば傷口からリンパ液や血小板や好中球などが滲み出し、それを材料にして皮膚の表面に居る常在菌(マクロファージ、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌)がせっせと壊れた細胞を再構築してくれるのです。


したがって傷口を化学的殺菌剤で消毒することはこれら必要菌まで皆殺しすることと気付き、また傷口を乾かすことは常在菌による傷口の復旧工事を阻害すると分かって来たのです。


最新の治療法は「湿潤療法」と呼ばれるもので、殺菌もせずラップで覆うなど傷口を乾かさないで自然が持つ治癒力を最大限活かす手法です。

実際に従来の治療法よりはるかに早く治る事が実証されており、最近は湿潤治療を取り入れる医師が増えつつあります。


(湿潤療法)
http://www.hospital.japanpost.jp/kobe/health/advice/kizu.html






少し本題から外れましたが、何にせよ、「化学(人工)最善」「近代化最高」の負の側面があらわになってきたわけです。





この春、とうとうWHOが抗がん剤を否定する発表をしました。
マイナス面が多過ぎ、プラス面は少ないと…。



また、最近問題が表面化してきたインフルエンザワクチンや子宮頸がんワクチンも意味合いとしては同列であり、治療や清潔や健康の本来を損ねるものと理解され始めてきました。



(インフルエンザワクチン)

母里医学博士
http://m.youtube.com/watch?v=QbwzGFCRnNs
ブーゲンマイスター女史
http://m.youtube.com/watch?v=UalTKC79_Fc


(子宮頸癌ワクチン)
船瀬俊介氏
https://m.youtube.com/watch?v=tysMH48h3D0

子宮頸がんワクチン被害者連絡会神奈川支部

https://m.youtube.com/watch?v=8974pRmgbyQ






自分や家族の健康を守るにはちゃんとした知識を持つ勉強が不可欠です。
「恐怖商売」に誤魔化されず、しっかり判断して自分の身は自分で守るしか無いのです。



境界線
境界線
境界線

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
境界線
記事ここまで
関連サイト
ペットケアダイレクト

ペットケアダイレクト

インクスネットワークス
最新コメント
  • ライブドアブログ

PAGE TOP