記事ここから

お問い合わせ

ご利用者の方から下記のようなお問い合わせがありましたのでコチラにも転記しておきます。




Q.まとめ買いをしたいので、未開封での消費期限を教えてください。

尿の匂い以外でも消臭効果はあるのでしょうか?
ボトルにも書いてありますが、ペット以外での使用方法を
もう少し詳しく知りたいです。
例えば、白いシャツなどに直接スプレーしても大丈夫ですか?
シミになったりはしないですか?




A.お問い合わせいただきありがとうございます。

◆バイオバニッシュの使用期限に関して
バイオバニッシュは高度に精製された植物エキスですので基本的に腐ることなどはほとんどありません。
また、成分としては光合成菌を増殖させることのみを目的として作られておりますので劣化もかなり遅いとお考え下さい。弊社ラボでのテストでは未開封放置で3年経過したものをテストしたところ十分な能力を発揮しておりますし、開封であっても都度キャップをしていただければ6ヶ月程度は問題なくご使用いただけます。


◆バイオバニッシュの消臭メカニズムに関して

まず、一般市販されている消臭剤には大まかに3種類有ります。
一番多いのは植物エキス+合成界面活性剤+水で作られたタイプ(ファブリーズなど)です。このタイプは植物の天然消臭力を利用したもので空間に飛散した汚染物質の分解をしますから空間消臭には向いていますが、環境に染みこんだ汚染はほとんど分解できません。蒸発乾燥した時点で仕事は終わりです。

次は「なめても安心」とか「消臭後は水に戻る」「確かな除菌力」と謳っている事で見分けが付きますが、塩素系剤です。
こちらは名目どおり除菌剤としては素晴らしい能力を発揮しますし、環境蓄積の消臭力もそれなりに高いタイプです。しかし塩素濃度がおおむね100ppmも有りますので(水道水への塩素添加は5ppm、プール殺菌では2ppmです)、毒性は無いものの環境内や動物の体表に必要な有用菌まで完全滅菌しますのでペットの体への日常的使用には配慮が必要です。


そして最後がバクテリアを利用した消臭剤です。
かなり微生物学の知識が必要な製品ですので非常に銘柄は少なく、弊社のバイオバニッシュ以外ではサンメイト社のバクテリンしかありません。バクテリンは乳酸菌であるEM菌群を利用した製品で環境負荷も無く、環境用消臭剤として私も認めるところの非常に優秀な製品です。


さてお尋ねのバイオバニッシュですが、こちらは乳酸菌群では無く、シアノバクテリア(人畜無害)等の「酸素発生型光合成菌」を利用したものです。分かりやすく言えば、30億年前から地球上に存在し、毒性の水を有用な水に換えたり毒ガスを空気に換えたりして我々動物が生きていける環境を作り上げてきたバクテリアたちです。これが居るので地球は命に満ちているのです。

我々動物は生きているだけで空気(大気)を消費して毒ガスを発生させますが、汚れた空気のほとんどは植物が捕らえて再生産します。これが消臭剤に植物エキスが使われる理由です(石油由来の合成剤不使用が理想的ですが)。
そして生き物は全て糞尿を垂れ流しますし死しては腐って土壌や水源を汚染します。しかし地球が何億年も健康なのはこれら汚染のほぼ全てを光合成菌群が炭酸ガスや水に変換するからこそ森林が生み出す水は植物ビタミンや鉱物ミネラルを含んだ健康なものであり、水生植物や昆虫や魚たちが住める水として成り立っています。

バイオバニッシュはこの自然の力を応用した消臭剤です。
原料は植物のみで作られ、噴霧した場所にシアノバクテリアをはじめとした光合成菌を吸着及び増殖させる仕組みです。
そして光合成菌はほぼ全ての種類の毒物や汚染物質を分解する能力を持っていますので、基本的にはどんな場所へでも使用できます。

ただしバクテリア消臭剤の弱点として空気中の汚染にはあまり強くありませんし即効性も低いのです。

《こちらは弊社ボディフレッシュナー(植物120種ビタミン使用)の方が遙かに優秀で、空中噴霧(あるいは加湿器のようなミスト噴霧器)などで一瞬にして空間悪臭を取り除けます》


つまり、光合成菌が増殖して汚染物質を分解するまでに多少時間を要すると言うことで即効性には乏しいのです。
しかし、だからこそ、ペットのトイレ周りや車のシートなどに染みこんだ汚染(特に動物タンパクや脂肪酸など)の分解に効力が出るのです。
汚染箇所へ直接噴霧すると約7日日間にわたって光合成菌が増殖して汚染物質を炭酸ガスや水に分解し、その間腐敗菌やカビ菌や酵母菌などのいわゆる「匂い菌」を寄せ付けないという、継続性持続性、また予防剤としての機能が特徴なのです。



バイオバニッシュには2機種用意しております。
ひとつはご質問のバイオバニッシュプレミアムですが、こちらは光合成菌の働きをベースに、同時に空間消臭も果たすように数種類のハーブエキスを配合しております。つまり、空間へ飛散した悪臭分解と、環境へ蓄積された汚染分解を2ウエイで果たすように作られた「室内用」なのです。

もう一つはバイオバニッシュTRで、こちらは広範囲への使用を考慮した環境蓄積汚染専用で、コスト面も考慮して高価なハーブはブレンドしておりませんので空間消臭や即効性は低いタイプです。したがいまして原液タイプで水で10倍まで希釈して使用できるようにしておりますが、特に臭いが強い場所へは原液そのままの使用をお勧めしております。

最後に、ご質問中の「白いシャツに・・」ですが、こちらは完全精製されて無色であるボディフレッシュナーをお勧めします。
衣類などに付着した悪臭物質はおおむね繊維の表面だけに付着しておりますので、即効性の高いボディフレッシュナーのほうが効果が得られやすいですし、何より植物ビタミンのみで作られて飲用水適合検査までパスしておりますので傷めたり変色させる心配がありません。



正しくご理解の上適切にご使用いただきたく長文になりましたが、ご参考いただけましたら幸いです。
境界線
境界線
境界線

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
境界線
記事ここまで
関連サイト
ペットケアダイレクト

ペットケアダイレクト

インクスネットワークス
最新コメント
  • ライブドアブログ

PAGE TOP